茨城(水戸、日立、ひたちなか、友部)の塾・学習塾・予備校なら東進育英舎茨城(水戸、日立、ひたちなか、友部)の塾・学習塾・予備校なら東進育英舎

問い合わせ
資料請求
校舎一覧
TOP > 入学のご案内 > 教育理念

(株)東進育英舎
理事長 永瀬 昭幸

鹿児島ラ・サール中・高を経て、東京大学経済学部卒業。株式会社ナガセ社長、東進衛星予備校理事長、東進ハイスクール理事長


人間の本質的な幸福は「自由」です。それは、まさに人が人として生きていく上でもっとも大切な状態です。そして、現代社会における「自由」の大前提となるのが「自立」です。国は「独立」してはじめて国家としての自由を認められます。人もまた「自立」することで一人前とみなされ、自由を手にすることができるのです。

 「社会に貢献する人財」になるということは、社会の一員としての責任を果たしつつ、自分自身で物事を判断し、自分の人生を自ら切り拓いていく、そのようなたくましい力を身につけることです。東進育英舎では、大きな目標に向かって「努力し続けること」を通じて、「自立」に大きく近づき、そして将来社会に貢献する人財となる資質を磨いていってほしいと考えています。

 世界に誇る科学技術が経済成長を支え、充実した医療・福祉・年金制度を築いてきた日本ですが、今まさに深刻な問題に直面しています。中国やインドなどのアジア諸国に比べ、日本の子どもたちは学ぶ意識も目的も見失い、世界最高水準にあった学力も下降の一途をたどるばかりです。しかし、私どもはこの状況を悲観しておりません。なぜなら、今より数段高い付加価値を生み出す知的国家を創ることによって、未来を拓くことができると確信しているからです。そのために、子どもたちと本気で向き合い、大きな夢を持った「人財」として成長できるよう導くことが、私どもの使命であると考えています。

 私たちの教育目標は、社会に貢献する人財を育てることです。一人前の人間として生きていくためには、知識よりも創造力が必要だなどとよく言われます。しかし、その創造力こそは知識の組合せから生まれる、言わば知識の集大成であり、また知識を増やせば、その力は幾何級数的に伸びていくのです。
だからこそ、私たち東進育英舎は、「本当に学力を伸ばす塾」であることにとことんこだわっています。もちろん、その延長線上にある「社会に貢献する人財を育てる」という教育目標の実現を思い描いてのことです。

 そのためには、綿密なカリキュラムや適切な学習システムが必要である一方で、本来子どもたちが持っている興味や好奇心を大いに引き出し、夢や目標を抱かせることが大切であると考えます。また、自らの意志で夢や目標に向かって努力することを、さらには小さな成功体験を積み重ねることによって、努力すれば必ず報われるということを知ってほしいと思っています。
すべての子どもたちが、わくわくするような知的好奇心を抱きながら、自分の夢や目標に向かって元気に取り組んでいく。私たちはそんな姿を思い描きながら、保護者の皆様とともに子どもたちを育んでいけるような存在でありたいと願っています。

問い合わせ・資料請求