茨城(水戸、日立、ひたちなか、友部)の塾・学習塾・予備校なら東進育英舎茨城(水戸、日立、ひたちなか、友部)の塾・学習塾・予備校なら東進育英舎

問い合わせ
資料請求
校舎一覧
TOP > 中学部パワーアップ

「本当に学力を伸ばしたい」、その願いに全力で応える

水戸一高、日立一高、水戸二高、緑岡高校といった茨城県内の上位公立高校
そして全国の難関国立・私立高校を目指す中学生たちが、日々競い合い切磋琢磨しています。
ひとりひとりの生徒を第一に考える講師の熱誠指導のもと、高い目標を持つ仲間たちと一緒に全力で努力することで自立心が育っています。その結果、全学年の生徒が授業時間以外も積極的に自習し質問しています。自ら課題に取り組む「自ら求め、自ら考え」努力する生徒たち、それが東進育英舎の自慢です。
毎年おおきく成長して笑顔で卒業していく生徒たちの「母校」になれることが私たちの喜びです。

2019年度からパワーアップ!!東進育英舎は地域で一番努力させる塾を目指します!

①授業時間の延長 対象:全学年 選抜コース・特進コース

週3回、19:20~21:00の合計300分で実施していた授業を19:20~21:20の合計360分に延長し、授業内容の充実を図ります。延長した時間を活用して、生徒たちの理解・定着をより確かなものにします。

②トレーニングタイムの導入 対象:全学年 選抜コース・特進コース

授業終了後22時までの40分間をトレーニングタイムとし、講師が教室に常駐して学習指導を行います。その日の学習内容をしっかりと定着させる、苦手分野を徹底的に演習する等は学力向上の為に必要不可欠です。週3回のトレーニングタイムで、正しい努力の仕方を身につけましょう。

③中1特進コース カリキュラム改訂 対象:中1(選抜試験あり)

これまで中1冬からスタートしていた特進コースを中1春からスタートに変更。中2までに全カリキュラムを修了するペースで学習し、中3の1年間で難関高校入試の演習を行うことで、圧倒的な学力を身につけていきます。県立高校入試だけでなく、難関高校受験やその先の高校生活を見据えて学習したい生徒におススメです。また中3の1年間で高校範囲の学習を先取りで進めるコース(東進数学特待制度)も用意しています。

中学部コースのご案内

特進コース(対象中1~3)

開講校舎/水戸校 科目/英・数・国・理・社 授業/週3日(60分×2コマ)

首都圏入試(江戸川学園取手中学校以上のレベル)を目指す最上位のコースです。難関県立高校はもちろん、首都圏の難関国立・私立高校受験を視野に入れた特別進学コース。中高一貫校のカリキュラムは、中学2年間でほぼ中学の学習範囲を終え、中学3年生から高校の学習に入ります。「特進コース」では、このような「2年で中学の学習範囲を修了する」中高一貫型の先取り学習を取り入れ、受験演習の時間も確保できるカリキュラムを組んでいます。秀でた能力を持つ生徒の学力をさらに引き伸ばしていきます。2019年度からは小6の3月から中学内容の学習を始めます。

選抜コース(対象中1~3)

開講校舎/全校 科目/英・数・国・理・社 授業/週3日(60分×2コマ)

茨城の学習塾の名門として、県立トップ校合格実績を誇る東進育英舎が、長年培ってきた学習システムです。中学校よりやや早めの進度でカリキュラムを進めるので、学校の授業が復習の機会となります。日々の生活で、塾→家庭→学校と繰り返し学習することで、学習→点検→補強のリズムを保ち、学力を定着させます。テキストは、高校入試に必要な5科目の学力を修得することを目的に選定されたものを使用しています。

土曜コース(対象中1~3)

開講校舎/水戸校 科目/英・数・国・理・社 授業/週1回(毎週土曜)

週末に集中的に学習し、部活や習い事を両立させる土曜コース。「選抜コース」と同じ内容・カリキュラムを土曜日に集中して学習するコースで、習い事や部活動などで時間が限られ、平日の通塾が難しい生徒に最適です。なお、中3生の土曜コースは7月に終了し、部活終了後の8月以降は「選抜コース」と合流し、高校受験に備えます。

日程は校舎毎に異なります。詳しくは受講希望校舎にお問い合わせください。  

●受講までの流れ

詳しくは受講希望校舎までお問い合わせください。

▼お申込み・お問い合わせはコチラから!